ホワイト企業やめました

2014年に大学を卒業し大手電力会社に入社。ホワイト企業で順風満帆な社会人生活を送るのかと思いきや、客にも同僚にもメッタメタにされ心身崩壊し転職。そんな経験を色々書いていきます!26歳独身、全日本ぼっちめし協会会長。


スポンサーリンク

ホワイト企業(電力会社)のゆとり世代には3タイプの人間がいる。

f:id:skmt55555:20170718202016p:plain

どうも、91年生まれ・ゆとり世代どストライクの坂本です!

寺脇研・超絶リスペクト!Yeah!!

 

ホワイト企業(というか大企業)って、

組織の規模が大きい分さまざまな人がいますよね。

仕事が好きな人、嫌いな人、仕事ができる人、できない人…

 

今すぐ社長になってほしいくらい優秀な新入社員もいれば

電話の取次ぎもろくにできない勤続35年目社員まで、

ピンキリすぎて、年功序列の給与体系には不平等感がありまくりです。

 

私が勤めていた電力会社にも、さまざまな人がいましたが、

今日の記事では、特に同年代の「ゆとり世代」に限定して

電力会社のゆとり世代には大体こういうタイプがいるんやで

というのを書いてみたいと思います。

 

1、マトリョーシカな人たち

f:id:skmt55555:20170718202046p:plain

公益事業という仕事柄もあり、5割はこのタイプです。

言われたことはきちんとやる、それ以上何かを追い求めたりはしない、

繰り返し同じ動きをしているだけで仕事はそんなに面白くはないけれど

クビになることはないし、まあいいか、といったところ。

やる気の有無は人それぞれ。とにかく淡々と仕事をこなすのが特徴です。

 

 

 

2、本社と出世だけが生きがいの人たち

f:id:skmt55555:20170718202103p:plain

安定志向が強い人たちの中でも特に「意識高い系」ならこちら。

飲み会の席ではまず昇給や出世の話からスタートです。

いかに楽して本社配属になるか、いかに楽して出世するかなど、

語りだしたら止まりません。

さらにこのタイプは本社信仰、会社信仰が強すぎるあまり、

本社以外の事業所や、会社以外の企業を見下す傾向にあります。

 

 

3、ベンチャー企業とか立ち上げそうな人たち

f:id:skmt55555:20170718202122p:plain

「意識高い系」とは一線を画す「意識高い」タイプはこちら。

優秀すぎてこんな組織にいるのがもったいないです。

会社で何をしたいのかについて多くは語らないものの、

任された仕事に200%の結果で応えたり、

社内の問題点に対して改善案を訴えたりします。

まじで一刻も早くこのデカイ組織を出て起業すべきです。

高校生のアルバイトでもできる仕事は意識高い系に任せて、

もっとあなたの能力を発揮できる環境に身をおくべきです。

 

ていうか、タイプ1とタイプ2の人間は、

タイプ3の人間に養われていることに気づくべきです。

 

と言った具合に、無理やり3つに分けてみましたが、

もちろん例外もいます。

公務員タイプでもないし意識高い系でもないしベンチャー系でもない

ただ気づいたら会社入ってて気づいたら辞めてるタイプの人とかいます。

 

私です。

 


スポンサーリンク