ホワイト企業やめました

2014年に大学を卒業し大手電力会社に入社。ホワイト企業で順風満帆な社会人生活を送るのかと思いきや、客にも同僚にもメッタメタにされ心身崩壊し転職。そんな経験を色々書いていきます!26歳独身、全日本ぼっちめし協会会長。


スポンサーリンク

原発再稼働に対するこのブログのスタンス


国家の難しい問題にはあまり首を突っ込みたくない坂本です。

それなのにこんなタイトルのブログです。

あとあと政治思想の戦いに巻き込まれるのは嫌なので

早めにこのブログや私自身の立場を明確にしておこうと思い、

今回は原発再稼働賛成or反対」について書くことにしました。

 

あなたは原発再稼働賛成?反対?

f:id:skmt55555:20170719123419p:plain

私は原子力発電所動かしたほうがいいと思っています。

 

 電力会社に勤めてたらそりゃそうなるわって?

まあ聞いてください。

 

 

福島の事故には本当に胸が痛みます。

2011年夏、大学2年だった私は「避難準備区域」までボランティアに行きました。

外を歩いている人はおらず、休業中の店ばかり、

放射能の影響でがれきの撤去は進めることができません。

海沿いは3月にテレビで見た状態のままでした。

 

当時の私は完全に再稼働反対派でした。

原発なんて動かすな!誰も幸せにならん!」でした。

 

しかし、実際に原子力発電所の近くに住んでいる人と話をしてみると、

一概に「原発反対」とも言えなくなってきました。

特に地元の人の話で印象に残っているのがこの一言です。

 

「そもそも、再稼働する・しないに関係なく、

 発電所が既に建っている時点で、放射能の危険はある。

 ここには発電所以外働く場所がない。だったら稼働させてくれ」

 

なるほど~ と思いました。

再稼働反対派の理由の大部分は「原子力発電=危ない」ですが、

動かさなくても既に危ないものとして存在してるんですものね。

霞が関の人間が動かす動かさないであーだこーだ言っている間も、

地域住民は原子力と共存していることに変わりはない。

 

「福島の人がかわいそう」とか「電力会社ってなんかムカつく」とか

感情論だけで自分が流されていることに気付かされたのであった…。

 

 

 

原発再稼働に対する私の話はここまでにしておきましょう。

政治、宗教、セックスの話は日本人はあまり得意じゃないといいますし。

 

余談ですが、電力会社時代

「なんでも東電と一緒にすんな」と思う場面がめっちゃありました。

原発再稼働反対派と思われるゴミ客に

「お前らだって東電と一緒なんだろ!?」と何百回言われたことか。

 

あのさあ…

auとドコモじゃ家族割できねーだろーが!

JALに乗ったってANAマイレージたまんねーだろーが!

お前らのイチャモンはそういうことなんだよ!ばーか!

 


スポンサーリンク